足底腱膜炎の症例 その1:両足に骨棘ができてしまったカカトの痛み

堺市 50代女性 パート

主症状

両足のかかとが痛く立つのもつらい状態。

整形外科のレントゲンで両足とも骨棘を確認。

その他の症状

  • 右肘の痛み
  • 右第3、4指の弾発指
  • 右手の平と第1〜4指の痺れ
  • 首の痛み
  • 腰痛
  • 背中のこり
  • 胃痛
  • トイレが近い

 

 

過去に受けていた施術

  • 整体
  • ヨガ
  • 注射

 

主な施術のポイント

  • 胃と腎臓の調整
  • 骨盤、頚椎、足など骨格の調整
  • 足底腱膜の調整

 

施術の経過と内容

【1回目】

足、骨盤、頚椎、肘、手首の調整

胃と腎臓の調整

足底腱膜の調整

 

施術後、体は軽くなったがかかとの痛みは10→9

 

 

【2回目】

4日後来院

かかとの痛みは少し楽になった程度だが、首や腰、肘の症状は5割まで下がった。

右手第4指は症状なく、第3指の伸展制限のみ残存。

 

施術後、かかとの痛み9→6

右肘の痛み5→0

手の平の痺れなし。

首、腰の痛みなし。

 

 

【3回目】

4日後来院

ヨガをして腰痛悪化

かかとの痛み7割残るも歩けるようになった。

肘の痛みなし。

右第3指の伸展制限のみ残存。

 

施術後、かかとの痛み7→4

腰の痛み8→0

 

 

【4回目】

腰の痛み仰向けで寝た後のみ痛い。

かかとは起床時の痛み消失。

歩くと少し痛い。

 

施術後、かかとの痛み消失。

 

 

【5回目】

腰痛消失。

かかとは歩くと違和感がある程度。

圧痛(押した時の痛み)あり。

 

施術後、痛み消失。

 

 

【6回目】

かかとの圧痛あり。

かかとが軟らかくなったと喜びの声を頂く。

 

施術後、圧痛消失。

 

 

【7回目】

長時間歩いたため、かかとの痛み軽度悪化。

起床時の痛み、圧痛ともにあり。

 

施術後、痛み消失。

 

 

【8回目】

かかとの圧痛あり。

 

施術後、消失。

 

 

【9回目】

かかとの圧痛あり。

 

施術後、圧痛消失。

 

 

【10回目】

かかと痛みなし。

施術終了。

 

 

考察

他の病院などで「踵骨に骨棘ができているから、痛みは完全には取れない」と言われていたそうですが、骨格のバランスをとって、筋肉や腱をもとの緩んだ状態にすることによって、骨棘ができていても痛みは消えるという症例でした。

 

症状について詳しくはこちら

足底筋膜炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住所
〒594-0074
大阪府和泉市小田町2-21-20
駐車場
4台分
TEL/FAX
0120-19-2255

定休日:水・日・祝/土曜の午後

受付時間 日・祝
9:00〜13:00 × ×
16:00〜19:00 × × ×